KIRA KIRA TRAIN
歌手:生物股長
專輯:生物百科圖鑑
2010-11-03|日語音樂
歌手推薦
歌詞

KIRA KIRA TRAIN

突然の雪は 君を無口にさせた 三回目の冬が 今終わる
TOKYOの空に 走り書きした夢を 追いかけて 僕は汽車に乗る

誰もいない 静かなホーム 不意に君が手を握り返した
「元気でね…」 つぶやいた声に 黙ってうなづいたよ

もう ベルは鳴り始めていた

さあ 最終列車に乗って 小さなカバンを抱えて
僕はこの故郷を出ていく さよなら さよなら
繰り返し手を振る君が だんだん小さくなっていく
大好きなその瞳に見えたよ きらきら きらきら

旅立つ あなた わかってたはずなのに この胸が 少しだけ痛む

ふたりの手 照らしてた 蛍光灯の明かりが消えた
「もう行くね…」 つぶやいたままで そっと笑ってくれた

もう ベルは鳴り始めていた

ねえ 最終列車に乗って 大きな夢だけ抱えて
あたしを忘れてしまうの さよなら さよなら
星が舞う街に旅立つ あなたの未来を祈るよ
大好きなその瞳に輝け きらきら きらきら

離れていくふたりを 時が追い越していく
その駅の向こう側に 続いていく “ひとりきり”を 歩いていく

最終列車に乗って 僕らは何かを失くして
わずかな勇気を手にした さよなら さよなら

最終列車に乗って 右手に切符を握って
僕らは明日を生きていく さよなら さよなら
繰り返し手を振る先に 確かな言葉を伝うよ
大好きなその瞳に光るよ きらきら きらきら