MY SUNSHINE STORY
歌手:生物股長
專輯:I 初回限量盤
2013-07-24|日語音樂
歌手推薦
歌詞

MY SUNSHINE STORY

太陽が目覚める いつもの毎日の中で
揺れて揺れて煌めく世界をまた始める そんな旅立ちを誓うよ

歩き出す度また高鳴る胸を信じよう
微かに聞こえたのは季節を彩る音 溢れ出すマイサンシャインストーリー

重なり合う季節が僕の物語を繋ぐ
ふとした時に気づく香りがこの胸満たしてく

見上げた空に手をかざして 眩しくたって震えるこの夢に正直になることしかできないもん そうだよいつも
風の道見上げたら 光の世界に包まれていって瞼閉じたんだ そこから歩き出すよ
差し出す君の手を握って嬉しくなって伝わる体温にこの身委ねることしかできないもん そうだよ今日も
風の道数えたら明るい未来に誘われていって まずは始めんだ 僕たちを照らし出す物語

さあ行こうか明日へ 新たな出逢い求めよう
触れて触れて艶めく音色を今奏でる 流れ出すマイサンシャインストーリー

語らい合う奇跡が君の物語を綴る
ふとした時に芽吹く光に満ち充ちてるメロディー

響いた声に恋しちゃって胸が弾んで高鳴るその歌に耳傾けてみるしかできないもん そうだよ いつか
帰り道気づいたら二人の世界に光差し込んで なぜか見えたんだ 僕たちが創り出す物語

見上げた空に手をかざして 眩しくたって震えるこの夢に正直になることしかできないもん そうだよいつも
風の道見上げたら 光の世界に包まれていって瞼閉じたんだ そこから歩き出すよ
差し出す君の手を握って嬉しくなって伝わる体温にこの身委ねることしかできないもん そうだよ今日も
風の道数えたら明るい未来に誘われていって まずは始めんだ 僕たちを照らし出す物語