明日的天空
歌手:生物股長
專輯:I 初回限量盤
2013-07-24|日語音樂
歌手推薦
歌詞

明日的天空

「一生懸命なんだよ」なんて言いたくないけど、「君が教えてくれたんだよ」なんて感謝しています。
泣いて笑って繋いだ手ってのは温かいんだね。それすら気付かずに生きてたってことはもう言わないで。

La La La...

僕から君に伝えたいことはたくさんあるけど、「何から話したらいいんだろう?」なんていつも困ります。
あるがままに、ただ素直に言葉を紡ぎたいのに、伝ったのはキラリの涙。甘くほろ苦い涙。

気づかれぬようにね 笑うけど、嬉しくて切なくてまた溢れる。
届けたい想いがあるからさ、喜びも悲しみもいつも共に生きてく。

どこまで どこまでも続く僕らの明日は簡単なんかじゃないけど、またその背中を追います。
いつまで いつまでも続く明日の空を見上げられるよ、と信じて僕は君の手を引くよ。

一体いつからなんだろう?僕ら大人になってて、見えなくなってたいくつもの夢や希望が在ります。
「しょうがない…」って諦めたあの時の自分たちに、何を伝えたならいいんだろう?何を語ればいいんだろう?

難しいことがさ、あるからさ。悔しさを押し込めて涙も出る。
苦しさの上にさ、在るものが、輝いて眩しくて、瞼閉じかけてしまう。

どこまで どこまでも遠く広がる世界の片隅にうずくまってる、ちっぽけな僕たちがいます。
いつまで いつまでも強く踏み出したいから、躊躇いの雨が降ったりしても明日を目指してく。

「一生懸命なんだよ」なんて言いたくないけど、「君が教えてくれたんだよ」なんて感謝しています。
泣いて笑って繋いだ手ってのは温かいんだね。それだけを信じて生きてこう。それだけをまた信じてこう。