彩虹
歌手:生物股長
專輯:停不住的情歌
2014-07-25|日語音樂
歌手推薦
歌詞

彩虹

作詞:山下穂尊
作曲:山下穂尊

重なり合った青空が僕らの行く手に広がる
大きく深呼吸して緩んだ靴の紐を結ぶ
変わる替わるこの世界の秘密をもう一度見つけよう
「自分らしくやんだ」って 「他人らしくなんな」って

例えばそこから始まる未来が確かにあるとしても
まだ僕ら不確かな道の上

走り出した世界が僕を明日へ誘う
流れて行く景色はやがて光と変わる
あるがままの願いを込めてまた踏み出せば
遠く見えた世界が七色の虹へ変わる

「疲れたんだ」と嘆くより「ここまで来た」って喜ぶ
そんな風に思ってたい そんな風に生きていたい
止まぬことない靴音をまた一歩一歩足してこう
その歩幅はいつだって不安定であったって

閉じては開いた胸の内側に触れようとしてみたら
誰もみな疼く様な傷もある

「当たり前」の世界が僕に奇跡を観せる
遥か見える景色が遠く遠く広がる
彩色(いろ)とりどりの愛が僕を包み込むから
やがて届く未来もいくつもの虹へ続く

ただ一つの世界を僕らの彩色(いろ)に染める
途切れることない道 その先をまた見つめる

走り出した世界が僕を明日へ誘う
流れて行く景色はやがて光と変わる
あるがままの願いを込めてまた踏み出せば
遠く見えた世界が七色の虹へ変わる