夏色惑星
歌手:生物股長
專輯:超級生物百科~十年紀念BEST選輯~
2016-03-15|日語音樂
歌手推薦
歌詞

夏色惑星

null目を覚ました太陽が 私たちを空の下連れ出した
乾ききった答えなら 破り捨ててまた別の夢を見る

砂に書いた二つの文字 少し照れて波が消した
触れて握る人差し指 夏の始まりを示してる

風を背負って 波間を掻いて 私たちは今飛び出すよ
有り触れた答えだけじゃ何も変わらないでしょ?
今を描いて 明日を蹴って 太陽にその手をかざせば
見えないはずの未来も少しだけど顔を見せるよ

立ち止まった砂の上 君の笑う横顔を覗き込む

遠く見えた君の隣 今はあたしの宝物
君に見せた秘密の文字 恋の始まりを感じてる

その手をとって 空を仰いで 二人の足跡を残すよ
夏に盗まれた恋が一つのカタチなんでしょ?
ただ寄り添って 二人笑って 火照ったその頬を冷ませば
出逢えた夏の世界の扉がいつの間にか開くよ

揺れて見えた二つの影 夕暮れを背に重なった
キラリ光る一番星 そんな二人を見守ってる

風を背負って 波間を掻いて 私たちは今飛び出すよ
有り触れた答えだけじゃ何も変わらないでしょ?
今を描いて 明日を蹴って 太陽にその手をかざせば
見えないはずの未来も少しだけど顔を見せるよ