Velvet Rays
歌手:雨宮天
專輯:Various Blue
2016-09-23|日語音樂
歌手推薦
歌詞

Velvet Rays

閉じた世界の空 翼のばす鳥が
かすか射し込む 光探す
繰り返し唱えた いつか聞いた言葉
信じてる 約束は
きっと果たせるから

降りしきる雨が 頬を打つ
涙隠す雫は 君の背に 問いかけていた

願い手にした夢の小さな影は
雲の果て信じてる
希望が照らすまで

迷い断ち切る腕が
目指した夢は
未来だけを見つめてる
my way 闇の中で
(If there's a proud for judgement)
その光 信じて

振り返れば一人 追いかけてた願い
自由手にした白い鳥は
雨雲より高く 遠い空を目指す
愛しさを抱きしめて 静かに手を振った

羽ばたく孤独が風を裂く
振り切るように強く
加速する誓い見つめた

向かい風 駆け抜けた 小さな影は
いつまでも信じてる
涙が渇くまで

想い高まる夢の果てにあるのが
惜別でもかまわない
my way 君の声が
(I heard about your screaming)
遠くなる 夢を見て

暗闇光る 道しるべ探して
手探り辿る道の
その先で 君の声を感じてる

遠く願いの果てに 出会えるのなら
いつまでも信じてる
光が照らすまで

迷い断ち切る夢を
たしかめながら
雲の切れ間見つめてる
my way 闇の中で
(If there's a proud for judgement)
その光 信じて