Gunjo
歌手:神山羊
專輯:Gunjo
2020-01-08|日語音樂
歌手推薦
歌詞

Gunjo

僕にはまだ
わからない言葉で
満たした青
自由によく似ていた
果ては遥か
見たこともない国へ
船を漕いで
想うように生きていた
風にゆれる白いカーテン
腹をすかせた子どもたち
願いを込めて帆を広げ
長い長い旅をする
今は誰も知らない
世界のどこかで
悲しみに触れたなら
空の彼方へ
雲の切れ間に覗いた
光は微かに笑っていた
あなたとまたどこかで
あてもないまま
気の向くままでいいから
細い糸を頼って
ただ泳いでいた
霧が晴れるころ目を開く
はぐれないように
手を伸ばせ
もう二度と帰らない道を
照らし進め その先へ
今は誰も知らない
世界のどこかで
よろこびを失くしたら
どうか思い出して
夜の隙間にこぼれた
言葉が今でも
隠していた答えと
明日のこと
淡い淡い焼けた朝を願う
僕が続かなくても
遠い遠い褪せた青と
いつか出会う
あの星の海へ
今は誰も知らない
世界のどこかで
悲しみに触れたなら
空の彼方へ
雲の切れ間に覗いた
光は微かに笑っていた
あなたとまたどこかで
いつかこの人生の
秘密を暴いたら
迎えに征くから