天使貓
歌手:齊藤和義
專輯:和義
2013-11-15|日語音樂
歌手推薦
歌詞

天使貓

作詞:斉藤和義
作曲:斉藤和義・山口寛雄

歩いて 走って つまづいて 転んで
冷たい 水たまり びしょぬれ 月曜日
鳥をくわえたノラ猫横切った
自分で捕らえた獲物が朝ご飯
街の片隅 野生の匂い
あぁ何処かに置き忘れた あの青空を知ってるんだろ
キミに「着いて来い」と言われたような気がして

通い慣れた道を背にして
ネコの後をあわてて追いかけたけど
手品みたいに消えてしまっていた
迷いのない目は輝いてた
街の片隅 野生の記憶
あぁ何処かに置き忘れた あの青空を知ってるんだろ
キミに「譲るなよ」と言われたような気がした

胸の片隅 蘇る記憶

あぁ何故涙が出る 雲の切れ間から青空
まるで「それでいい」と言われたような気がして

もう行かなくちゃ また会えるかな
アイツはきっと 天使の猫