Shunkashuto
歌手:sumika
專輯:Chime
2019-03-13|日語音樂
歌手推薦
歌詞

Shunkashuto

桜の予報も虛しく
大雨が花を散らせた あぁ あぁ
4月の風 少し寒くて
夜はまだ長くて
濕気った花火の抜け殻
押入れで出番を待った あぁ あぁ
煙たがっている
でも嬉しそうな 君を浮かべた
本を読み込んで
君は真似しだして
いつの間にか膝の上で眠って居た秋
寒いのは嫌って
體溫分け合って
僕は凍える季節も あながち嫌じゃなくなって
ありがとうも さようならも 此処にいるんだよ
ごめんねも 會いたいよも 殘ったままだよ
嬉しいよも 寂しいよも 置き去りなんだよ
戀しいよも 苦しいよも 言えていないんだよ
また風が吹いて 思い出したら
春夏秋冬 巡るよ
ご飯の味 花の色
加工のない甘い香り
人肌を數字じゃなく
觸覚に刻んでくれた
鼓膜には ah 特別な ah
五感の全てを別物に変えてくれた
Oh, yeah
今更ね あれこれね
ありがとうも さようならも 此処にいるんだよ
ごめんねも 會いたいよも 育っているんだよ
嬉しいよも 寂しいよも 言葉になったよ
戀しいよも 苦しいよも 愛しくなったよ
また風が吹いて 君が急かしたら
そろそろ 行かなきゃ 僕の番 oh
何千回 何萬回でも 思い返してもいい
何千回 何萬回 次の季節の為に
春が來て 夏が來て 秋が來て 冬が來る
そしてまた春に 次のまた春に
新しい君と やがて來る春に