bedtime story
歌手:Regal Lily
專輯:bedtime story
2020-02-05|日語音樂
歌手推薦
歌詞

bedtime story

窓をあけて 呼吸あわせ
むかしばなし 途中で消えても

合図をした 気になっていた
真面目に 最後まで

道に捨てられたスーツケースは、
何日分の洋服で包まれていたんだろうな。
くたびれたスーツケースは、少しの生活の空洞だった。
取り壊された廃校は、
何年分の歴史を習わせたのだろうか。
何年も磨かれた窓は、いつも休憩所だったのに。
ふとした思い出が思い出になって、
思い出を作ったぼくのメモ帳を、
ごみ箱へ投げて焼却炉への旅。
旅路で作った足跡の数。
それを数える神様がいた。

夜明けが訪れるよ。
困った顔のとなりの君が、
得意気に話した物語を捨てられないまま
夜明けが来るよ