仙女棒
歌手:藤田麻衣子
專輯:necessary
2020-03-18|日語音樂
歌手推薦
歌詞

仙女棒

風に揺れる髪飾り
夏の夜の匂い
弾ける光 儚く
いびつに枝分かれ
線香花火はもうすぐ
ポタっと ポタっと落ちる
君の横顔に私は
恋に 恋に落ちる
いつのまにか
こんなに心に居たの
気がついたら
もう引き返せない程
触れた手と手 離れずに
深い意味はある?
笑い合って 目が合うと
吸い込まれそうになる
自分に言い聞かせてきた
違う 違うってずっと
何も聞けずに溜息は
空に 空に消える
恋をすると
なぜ胸がぎゅっとなるの
どの瞬間も
ずっと覚えていたい程
最後の花火はもうすぐ
ポタっと ポタっと落ちる
このままずっと消えないで
いつのまにか
こんなに心に居たの
気がついたら
もう引き返せない程
恋をすると
なぜか胸がぎゅっとなるの
どの瞬間も
ずっと覚えていたい程