Schrodinger Girl
歌手:Soma Saito
專輯:in bloom
2020-12-23|日語音樂
歌手推薦
歌詞

Schrodinger Girl

彼女はまるで蝶のよう
蠢く街のスクランブル
瞼の裏の残像
気づけはしないサブリミナル

欲望という名の
鱗粉を撒き散らし
0と1の狭間へ
消えさっていく
プシュケー 空洞だけが
その胸に棲みついた
とり憑かれてしまった

袖振り合って
多生の縁でいいって
無数の分岐こえて
きみを呼ぶから

でも本当は知らない
彼女の名前も声も
どんなふうに笑うのかさえも
シュレディンガー・ガール

彼は幻想の虜
嘲笑う衆愚をものともせず
数えるのをやめたころ
彼女が囁きかけたような

交わるはずなかった
それぞれの点と点が
触れた刹那 生まれた
ウロボロスが
量子のたなごころで
彼を包み込み
生存線の先へと

異空間へ行って
たぶんこっちって解って
彼女のかおりがして
手を伸ばすから

でも本当はもはや
身体 解き放たれたの
光よりはやく飛ぶから
シュレディンガー・ガール

ユーレカ 狂ったように笑って
暗い部屋で踊って 彼はわからない

ああ 本当は シャングリラ
すべてが解き明かされて
眠るように 空を見上げた
シュレディンガー・ガール