Kesshou
歌手:綠黃色社會
專輯:結証
2021-02-03|日語音樂
歌手推薦
歌詞

Kesshou

足元に弛む糸が
果てしなく伸びて光る
どこへ向かおうが
同じようについて回る

逆らうなと覚悟して
遠い記憶懐古して
ついに手に取った
震え出した
この振動伝わる?

いつかの答え合わせ
脈打つ胸を叩け

引かれあっていた
まだ強く強く
ピンと張ったままで
手繰り寄せて
こころにぎゅっと
結びつけて
ほら迷っても
たどり着けるように
ここに繋がってる
証があるから

何度だって
また出会えるから

重ねてきた選択は
全て意味を持っている
間違いはないさ
あの涙だってここに繋がる

偶然は連なって
今、必然に変わる

伸ばした手は
まだ遠く遠く
それでも確かに
覚えている
こころにずっと
残るぬくもりに
あの日のように
生かされ続ける
明日何があっても
結びつけたまま

想えば想うほど
手繰り寄せる
手は赤く滲んでゆく
張り詰めたその糸は
固く、厚く、永く、太く

信じあっていたまだ強く強く
瞼を閉じればそこにいる

引かれあっていた
まだ強く強く
ピンと張ったままで
手繰り寄せて
こころにぎゅっと
結びつけて
ほら迷っても
たどり着けるように
ここに繋がってる
証があるから

何度だって
また出会えるから