You were... 曾經 (A BALLADS 2)
歌手:濱崎 步
專輯:A 抒情精選 2
2021-04-08|日語音樂
歌手推薦
歌詞

You were... 曾經 (A BALLADS 2)

すれ违う恋人达が
肩を寄せ合い歩いてく
冷たさが身に染みるのは
君がいないから

季节さえ忘れる位
他に何もいらない位
そう梦中で辉いたのは
恋をしていたから

君が最后のひとだと思った
君と最后の恋をしたかった
こんな広い夜空の下ひとり
一体何を想えばいいの


今谁の隣で笑颜
见せているのかだなんて
ねぇどれ程时が経ったら
苦しみは终わるかな

いつか话してた梦の続きも
いつも言っていたあの口癖も
全て忘れられたら楽だね
だけとひとつも忘れたくない
静寂に包まれた
瞬间に袭ってくる
优しくて温かすぎる
想い出が

君が最后のひとだと思った
君と最后の恋をしたかった
こんな広い夜空の下ひとり
一体何を想えばいいの

いつか话してた梦の続きも
いつも言っていたあの口癖も
全て忘れられたら楽だね
だけとひとつも忘れたくない
だけとひとつも忘れたくない